愛知を例に一般的な骨董品買取業界に関する事例や知識を紹介

骨董品

骨董品の買取とアンティークショップ

何らかの理由で愛知にお住まいの方が骨董品を手に入れた場合、多くの方が持て余してしまうとされています。これは保管や飾るにしてもスペースが必要になる事や、定期的に手入れをする必要性などに煩わしさを感じる事が理由になっています。なのでこの様な骨董品は売却されるケースが多くなりますが、その際にはアンティークショップが利用される事があります。ただ、アンティークショップの場合は基本的に何かに特化しているケースが多く見られます。例えば最もメジャーなアンティークショップと言えばドールを扱ったお店になりますが、この様なお店はドール以外に関しては素人同然の知識しか持っていない可能性が出てきます。また、愛知にあるアンティークショップと言えば食器などを専門にしている所もありますが、この場合も食器以外に関しては不安が残るとされています。
したがって骨董品に多く見られるような壺や掛け軸などはアンティークショップに売却するメリットは薄いと言えますし、そもそも買取を拒否されるケースも見られます。なのでこの様な骨董品に関しては愛知にもある骨董品買取専門店を利用した方が良いとされています。なお上記の様にドールや銀食器などはアンティークショップの方が正しい価値を判断できると言えますので、その場合には骨董品買取専門のアンティークショップの利用が推奨されています。骨董品買取サイトをチェックしてみて下さい。

知識を身につけて

愛知に住む私は小学生の頃から骨董や古いものがとても好きでした。近所の神社で骨董市などがあるとおこづかいを持ってはしゃいでいました。しかし、ただただ骨董が好きではだめだということに気づきました。どれも本物ではないとうことにきずいたからです。正しい知識がないと損をします。悲しい思いをします。とても辛いです。私が中学生の頃、愛知にある骨董屋で明治時代の金貨が売られていました。
当時から私は古銭や記念コインなどが大好きで一目惚れしました。しかし金額はとんでもないもので私は正月にもらったお年玉をほとんどつぎ込みました。しかし、そのときは嬉しさで一杯でお金のことなど気にしませんでした。気にもしない位の物が手に入った訳ですから。しかし成人してから私は高校からやっていたライフル競技の為にお金が必要となりました。その時にその金貨を売ろうと思い、骨董店に持って行きました。悲しい結果が待っていました。その金貨は偽物だったのです。あまりのショックで泣きそうになったのを覚えています。こんな辛い思いをしない為にもしっかりと骨董品買取の知識を身に付けなければなりません。とにかく本を読む。そして人と交流する事。一人では解らないこと等色々あります。そして骨董品買取で一番重要なのは実際に見ることです。博物館、美術館、イベント、そういった所で自分の目を磨いて下さい。最後に私から骨董品を買うときに心がけることを。「見た目で買うな、知識で買え。」愛知の骨董品買取の思い出です。

骨董品買取をしてもらう方法

お爺様やおばあ様、あるいはご両親が不幸にして亡くなられた場合、個人の遺品を整理するのは遺族の役割となりますが、その際に非常に古めかしく価値のありそうな品々が遺品として見つかるというときがあります。そのような骨董品についてはもちろん、遺族の方がそのまま相続というかたちで手元に残しておいても問題はありません。
しかし、いわゆる骨董品というものに全く興味がなかったり、少しでも値打ちのあるものは愛知などにある骨董品買取に出してお金に替えたいというときには骨董品買取をしてもらうようにしましょう。そうすれば遺品である骨董品の収納場所に頭を悩ます必要がなくなりますし、故人が大切にしていた品々をゴミに出すようなもったいのないことをしなくても済むからです。
愛知などで骨董品買取をしてもらうには店頭に直接骨董品を持ち込むのが時間的には一番手っ取り早い方法ですが骨董品が大量にあったり、重さのある骨董品の場合には持ち運びが大変だというデメリットがあります。
また、愛知以外でもお住まいの地域によっては骨董品屋がない場合もあり、そのようなときには郵送での骨董品買取や出張での骨董品買取をしてもらうことになります。ただし、これらの方法では直接骨董品を店頭に持ち込むのと比べて時間を要してしまうというデメリットがあります。

press release

  • 骨董品買取を考えた際のお店の選び方

    骨董品買取はただ古いだけものに価値があるわけではなく、その買い取ってもらうものに付加価値をつける要因となる素材や作…

    more
  • 骨董品はネットの骨董品屋の査定がオススメ

    押入れの奥の整理をしていたら、見たことのないダンボールが出てきて、開けてみると骨董品だった、というケースはあるもの…

    more
  • 種類の多い茶道具を売るさいの注意点

    骨董品のジャンルには、掛け軸、着物、磁器、珊瑚、西洋美術、絵画など沢山のジャンルがあります。このなかで特に難しいの…

    more
  • 気軽にできる写真査定見積もりとは?

    故人が大切にしていた骨董品を古美術商に持っていったら、二束三文で恥をかいた…ということは往々にしてあるものです。手…

    more
TOP